culture 日本の文化

> nature 日本の自然と文化

2023 初春

続-森の精霊とワインを楽しむ

2023/01/05(木) 城南島より富士を望む

2023/01/06(金)
お正月の課題にしていたストーブ台作りに取り掛かりました。
もう少しで完成です。

ストーブは北海道小樽にある 新保製作所さんの
タマゴ型3面窓付薪ストーブ”FIRE SIDE” 小3号です。
なかなか黒がシックで可愛い奴です。

2023/01/09(火) 2023初春の光が丘公園

2023/01/09(火)  ロストルをストーブ底面に設置。ギリギリで入りました。

2023/01/10(火)
ようやく完成しました。
上から順に
アウトドア専用ステンレス煙突 径80 笠

アウトドア専用ステンレス煙突 径106⇒径80 異径レジューサー

ステンレス煙突 直管 914mm

映っていませんが
煙突支持金具 外用 径100〜150煙突対応

煙突固定バンド 径106

めがね石(セメント製) 厚み100mm 径106mm・121mm

ステンレス煙突 ダンパー

ステンレス煙突 えび曲り90度

ジュウノウ

デレキ(火かき棒・灰かき棒)

一酸化炭素測定器

奥に見えるのは
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 風防 ウインドスクリーンです。

妄想クッキング。 1.豚汁。                 2. ピザ。 火入れが楽しみです。

2023/01/19(木) 田舎から送ってもらった蕪漬けの素(麹)でT先輩に作ってもらった大根寿司。あまりの美味さに一人宴会です。

2023/01/20(金) 寒中暖あり

2023/01/22(日)〜24(火) 岡山(備前市)出張番外編  練習艇下見の為、岡山の 足立ヨット造船へ。
写真左は午前7時18分、雪を被った筑波山を自宅より望む。    写真右は9時27分、足柄PAからの富士山。

10年に一度の寒波襲来ということで、鍋を頂いた後、事務所に泊めていただくことに。猫の"ムーニャ"と一緒です。

2023/01/23(月) 工場には修理中の木造艇が所せましと7、8艇並んでいました。写真右は係留中の練習予定船。

練習予定船は見かけもレトロですが、キャビン内はもっとレトロで
大正時代の台所を思わせる雰囲気でした。
整備後の内部公開を楽しみにしてください。
3月にはエンジン積替えて機走可能にしたいのですが
ワイヤー類もすべて取り換えないと帆走は難しそうです。

遠くから見るとガフ・リグということもあってワンピース
に出てくる海賊船みたいなイメージが湧くなかなか面白い船です。
操船が楽しみです。

夕方からは 和気鵜飼谷温泉に入った後、
和風レストラン 豊かわ本店で夕食をいただきました。
足立さんご夫妻の暖かいおもてなし、ありがとうございました。

2023/01/24(火) 寒いので船を眺めながら車中コーヒーです。新聞紙にくるんであるのはお土産にいただいた「岩津ねぎ」(兵庫県朝来市の特産)です。

係留地を後にして、頭島の「たぬき山展望台」に向かいます。

「たぬき山展望台」からの鹿久居島(かくいじま)と鶴島(つるしま)(写真左)。 写真右は大多府島(おおたぶじま)。

初めての中国自動車道。帰りは山陽自動車道から中国自動車道に入りました。景色も良く、ストレスの無い運転ができました。

京都の手前から吹雪と横風が強まりましたが、スタッドレスタイヤのおかげで無事1月25日(水)02:10に帰宅できました。

足立ヨット造船の皆様ありがとうございました。

戻る(Return)

Copyright © 2023,Shigetaro Nagashima All Rights Reserved.