culture 日本の文化

nature 日本の自然と文化

2020 秋 autumn

令和2年9月19日(土)

前回行けれなかった 本栖湖キャンプ場
に再チャレンジです。
なるべくコンパクトにと思ったのですが
それなりに多くなりました。
朝5時30分に光が丘発です。

ポンチョとトレッキングポールを組み合わせ
て作るタープを楽しみに来たのですが、
キャンプ場は超密状態の人出でした。
そんなわけで、写真を撮るのも忘れて
場所探しに奔走?。

後は、ひたすら飲み食いの世界。
なんと!
飲むことも食べることも出来なくなりました。

令和2年9月20日(日)

一晩たつと美味しく朝食をいただきました。
感謝です。

秋はまだまだ続きます。

令和2年10月3日(土)

完成間近な光が丘清掃工場の煙突(高さ約150m)を見て、光が丘公園へ。

今日は5名でバーベキューです。

ビールを飲みながらセッティングを進めます。

セッティングもひと段落し、燻製を作って、食べながら
皆さんの到着を待ちます。

今日は
・燻製(一夜味付けの玉子、ウインナ、蒲鉾、チーズ)
・ホタテ
・焼き鳥
・ベーコン
・ホルモン焼き(ヤマキのタレ)
・トマト・レタスサラダ
・シャインマスカット


・ビール(350mm)x6
朝日町ワイン(赤)
・プレミアムルージュ(x1)
・柏原ヴィンヤード遅摘み赤(x1)
・2019年銅賞2017マイスターセレクションアッサンブラージュルージュ(x1)
・マイスターセレクション バレルセレクションルージュ(x2)
・マイスターセレクション ブラッククィーン(x1)
を楽しみました。

秋はまだまだ続きます。

令和2年10月17日(土) 雨?  雨ニモマケズ Wikisourceより

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ?ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ

行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

秋はまだまだ続きます。

令和2年10月21日(水) 栗ご飯作ってみた。
故郷の従兄弟が栗を送ってくれました。
凄く大きな栗で、聞いてみたところ
「誰も栗畑(林?)を使わなくなったので
毎朝栗を拾いに行ってご近所の方にわけ
ている。」とのこと。
「うーむ。毎朝、山へ栗拾いか。(風情
があって)いいな。」と感心してしまい
ました。
そんなわけでとにかく栗ご飯です。
栗の皮剥き器「 栗くり坊主U」はおすす
めです。

美味しくいただきました。

令和2年10月30日(金) それでいいのだ!!
公園で軽く…。今日は金曜日。ひょつとして空いているかも?。
そんなわけで火を焚くことに。
まずはいつもの生ハムとビールで弥栄!
焼き物はウインナ、手羽先、イカ、カキ、豚バラを
朝日町2本と酔い覚ましのコーヒー。+美味しいと評判の
鹿児島焼酎小鹿黒で飲みつぶれ、うどんで締めました。
バカボンパパの気分を味わいながらの秋の夕暮路でした。


秋がゆっくり深まります。

令和2年11月11日(水) 晩秋?否、立冬か?
ひざ掛けを用意して、晩秋のAfternoon wineを楽しみました。

令和2年11月14日(土) 楓蔦黄 もみじつたきばむ

Sさんから 出羽桜酒造さんのあたらしいお酒をいただきました。おいしかったです。

もうすぐ遅い 稲刈り 新嘗祭です。

戻る(Return)

Copyright © 2020,Shigetaro Nagashima All Rights Reserved.