action 日本を取り戻す

2020 HEAVENESE BRIDGE

@日本橋三井ホール
●2020年8月16日

HEAVENESEホームページ、 HeaveneseJPYouTubeオフィシャルサイト、 <ファンクラブサイト>

2020.4.5(日)予定が再々延期されついに実施となりました。光が丘(14:00発)→三越前(15:00着)です。

日本橋三井ホール 入場まで30分。長い行列でした。「ファンクラブ有料シート」で開演を待ちます。

いよいよ開演です。司会の方(福原尚虎さん)より開演挨拶と後援会会長さん(堤 雄作さん)の挨拶です。

スターティングだけ写真取らせて頂きました。
中央(左)クミコさん(右)マレさんです。

本当に素晴らしいライブでした。
琴 トモコ 岡戸朋子さんも復帰されていました。
アンコールに3回応えていただき、
エンディングだけ写真取らせて頂きました。

ライブを終えて(2020.08.17追記)

 終戦の日にちなんで戦争末期の鈴木貫太郎内閣、特に阿南 惟幾(あなみ これちか)陸軍大将の働き、天皇陛下の御聖断、精神性を
エデュティメントしていただいたのですが、最後に訴えられた大正5年に来日したフランスの詩人ポール・リシャールの日本の果た
すべき七つの使命が心に響きました。
探求の輪 るいネットさんの 『ポール・リシャール「告日本國』 より以下引用
(1)日本は唯一アジアで自由を失わなかった。
 だから日本人はアジアに「自由を与える」義務がある。
(2)一度も外敵によって滅ぼされたことのない日本には
 「人類の幸福の敵を滅ぼす」使命がある。
(3)新しき科学と古き知恵を統一できた日本人には、
 西洋と東洋を結びつけ、それを融合する任務がある。
(4)宗教対立・流血の歴史を持たない日本人には、
 一切の神々を統一し、「さらに神聖なる真理を発揮する」使命がある。
(5)天皇と日本国民の歴史には、
 世界を一君万民の原理のもとに「一つの帝国」とする役目がある。
(6)「万国に優れて統一のある民」として、
 来(きた)るべき一切の統一に貢献する使命を持つ。
(7)「戦士」として、「人類の平和」を促す義務が生じる。
引用終わり

次回HEAVENESE BRIDGE 2020.11.2(MON)日本橋三井ホール

【CD/DVD】

2020年1月24日金曜日
世田谷区区立山崎小学校 公演収録DVD

[DVD] HEAVENESE 信長を知ればヒップホップがわかる!
2018,5,22のBRIDGE

Silk Road
2012

The Lord's Prayer
2010

LIFT / Tell Everybody
2010


戻る(Return)

Copyright © 2020,Shigetaro Nagashima All Rights Reserved.